2021.12.23

伊原六花の人生を変えた高校入学の分岐点。ダンスのために選んだ道に「奇跡」があった

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • 佐野隆●撮影 photo by Sano Takashi

『This is My Dance 〜 私の青春』(2)
伊原六花インタビュー@前編

 リズミカルに鳴るシャッター音に合わせ、彼女は踊るようにポーズを変えていく。

「最近は特に、撮影がすごく楽しくて。前まではちゃんと映らなきゃとか、ポーズしなきゃと思っていたんです。でも、衣装やメイクですごく素敵にしてもらえるし、カメラマンさんにも素敵に撮っていただけるし。自然にやればいいのかなって、最近は思えています」

 伊原六花、22歳。

『センチュリー21』のイメージキャラクターに抜擢され、数々のテレビドラマや舞台『ロミオ&ジュリエット』のジュリエット役で活躍する彼女は、いささかの不遜を承知で言うなら、つい4年前まで"普通の高校生"だった。

     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

高校時代を振り返ってくれた伊原六花さん高校時代を振り返ってくれた伊原六花さん この記事に関連する写真を見る  大阪府立登美丘(とみおか)高校ダンス部のキャプテンとして、全国大会での優勝を目指していた18歳の夏。結果的には準優勝に終わったが、YouTubeにあげたダンス動画が「バズった」ことにより、彼女は一躍、時の人となった。

 深紅やエメラルドグリーンのド派手なジャケットに、ひざ上のタイトスカート。80年代ファッションに身を包んだ女子高生たちが荻野目洋子のヒット曲『ダンシング・ヒーロー』に合わせキレッキレに踊る、あの"バブリーダンス"だ。

 振り付けこそ当時の流行りをパロディ化したコミカルな内容ながら、ダンスそのものは一糸乱れぬ驚異の練度を誇る。そのコントラストが浮き彫りにする少女たちの努力や情熱が、見る者の心を強く打った。

 なかでもダンス部のキャプテンは、メディアにも多く露出し、愛くるしい笑顔と明瞭な受け答えで注目を集める。いつの間にかお茶の間の人気者となったいち女子高生は、高校卒業と同時に"伊原六花"として芸能界へと飛び込んだ。

「はじめはそれこそ、びっくりでした。でも、あの時は『ダメでも飛び乗れー!』という感じだったんです」