2021.08.20

岡副麻希が体質の変化にビックリ。仕事前に初めて体験したこととは?

  • 川原田 剛●構成 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

岡副麻希インタビュー プライベート編

スーパーGT編2021はこちら>>

7月29日に29歳の誕生日を迎えたフリーアナウンサーの岡副麻希さん。「最近、仕事でも普段の生活でも自分のペースがわかってきて、日々を楽しむことができています」と語る。30歳を目前にして心身ともに変化が現れ始めているという。大学時代からキャスターとして活躍し、忙しい日々を過ごしてきた彼女は、20代最後の年をどのように過ごしたいと考えているのか。仕事とプライベートの両方について聞いた。

仕事やプライベートの目標を語った岡副麻希さん仕事やプライベートの目標を語った岡副麻希さん この記事に関連する写真を見る
 私にとって今年前半の大きな出来事は、念願だった自動車の免許を4月のスーパーGTの開幕前に取得できたこと。まだマイカーは購入できていませんが、大きめのSUVやミニバンがほしいと思っています。今はどんなクルマを買おうかとディラーを回って、いろいろと妄想しています(笑)。それがすごく楽しいです。

 免許を取ったあと、前から挑戦したかった市販車のインプレッションを、リポーターを務める『SUPER GT+』(テレビ東京/毎週日曜23時30分〜)でやらせていただきました。レクサスの電気自動車UX300e、ディーゼル車のBMW X2、ガソリン車のアウディRS7に乗せてもらって、メーカーごとに乗り味がまったく違うことにビックリしました! せっかく免許を取ったので、これからもインプレッションは続けたいです。

 クルマに関しては、次の目標はサーキット走行です。でも、まだ運転には慣れていないので、『SUPER GT+』の番組内で、富士スピードウェイにある「トヨタ交通安全センター・モビリタ」で安全運転の講習を受けてきました。TGR TEAM ZENT CERUMOの立川祐路選手が講師を務めてくれていろいろと教えてくれたのですが、ちょっとしたハンドルやアクセルの操作でクルマの動きは大きく変わってしまい、時には大きな事故にもつながるとわかりました。

 あとレース中継では「アンダーステア」「オーバーステア」「カウンターステア」などの単語がよく出てきますが、それらを実際に体験できたのも収穫でした。言葉の意味としては知っていましたが、レッスンでの体験はレースをさらに深く知るためにも大きな意味がありました。