2021.01.05

岡副麻希の新年の抱負。やってみたい&取材したいスポーツとは

  • 川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

ピラティスに挑戦したいと語る岡副さんピラティスに挑戦したいと語る岡副さん  プライベートでは、昨年の春頃からHIIT(高強度インターバルトレーニング)と呼ばれる筋トレに取り組んでいました。強い負荷の筋トレを短い時間でするインターバルトレーニングなのですが、どうも私には合わなかったみたいです。HIITは自分をギリギリまで追い込まないと効果がないのですが、私はそこまで追い込むことができませんでした(苦笑)。

 子どもの頃からずっと水泳をしていましたが、瞬発力が必要な短距離は苦手。逆に一定の速度で泳ぎ続けるのは得意でした。瞬発系のトレーニングになると、身体がうまく動いてくれないんです。HIITをしていると、すごく筋肉がついてしまいました。そのため、私がイメージする体にはならないと思って、すっぱりやめました!

 私の場合、体幹を鍛えるストレッチのような運動が合っているようです。「毎日、何分トレーニングをする」と決めてしまうとストレスになってしまうので、寝る前だったり、テレビを見ながらだったり、気が向いた時にストレッチをしています。

 180度開脚をして、左右に体を揺らすだけでも意外と体幹を使うので温まります。開脚したまま、胸を床にペタっとつけられますよ。クラシックバレエや新体操などをしていたわけではないのですが、身体はすごく柔らかいんです。

 最近は食事にもかなり気をつけています。若い頃はめっちゃ偏食で、好きなものだけを食べていて、とにかくお菓子が大好き。夏は毎日のようにアイスクリームを食べて、食事はお菓子とコーラということもありましたね(笑)。でも、最近はいろんなものをバランスよく食べるように心がけていて、特に野菜のオイル蒸し、お味噌汁にハマっています。

 食生活に関しては、もうひとつ変わったことがあります。これまではパンが好きだったのですが、お米も食べるようになりました。毎食ではありませんが、お米を食べるようになってから体調がすっきりして、肌の調子もよくなってきたように感じます。寒い時期は、体が温まる具材が入ったお味噌汁とお米という食事がお気に入り。やっぱり日本人にはお米が合っているのかなとあらためて感じています。