2019.07.27

200m個人メドレー優勝。瀬戸大也が
効果を実感した「本当に嫌な練習」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 二宮渉●写真 photo by Ninomiya Wataru

 世界水泳選手権大会、競泳5日目の男子200m個人メドレーで、瀬戸大也(ANA)が1分56秒14の自己ベストを更新して金メダルを獲得。東京五輪の内定を決めた。これまで、この種目は世界選手権と五輪を合わせても5位が最高だったが、今大会そこから一気に頂点に駆け上がった。

東京でも確実にライバルになる二人に勝ち、東京五輪内定を決めた瀬戸大也 瀬戸は笑顔でこの試合を振り返る。

「もう最高です。積極的にいくと決めていたので、そこはブレずに、そして後半もビビらずにいけたところが勝因だと思います」

 じつは、この大会で瀬戸が最大の目標にしてきたのは、男子200個人メドレーではなく、2013年と15年世界選手権を連覇している400m個人メドレーだった。指導する梅原孝之コーチは、「200mに関しては自己新記録を出してメダルというのが目標だった」と言う。

 実際、瀬戸は4月の日本選手権で1分56秒69の自己ベストを出しているが、前回の世界選手権を制しているチェイス・カリシュ(アメリカ)は昨年1分55秒40の自己ベストを含めて、2度の1分55秒台を出している。

 さらに今年は、15年世界選手権で背泳ぎ2冠のミッチェル・ラーキン(オーストラリア)が個人メドレーに再挑戦して1分55秒72を出していた。大会前の瀬戸の世界ランキングは4位で、55秒台に突入しないと金メダルはないという状況だった。

 光州に入って調子の波があった瀬戸だったが、24日の午前中に200m個人メドレー予選に出場するとスイッチが入り、夜の200mバタフライ決勝では、積極的な泳ぎを見せて銀メダルを獲得している。

 そのバタフライ決勝から30分後には200m個人メドレー準決勝を泳ぎ、予選よりもタイムを上げて全体の3位で決勝に進出した。

「今日のバタフライと個人メドレーの準決勝は完璧」と、瀬戸は笑顔で話していたが、ここでライバルの状態もしっかり見極めていた。

「準決勝を終えた時点で、個人メドレーでは自分が一番調子がよさそうだなと思っていたので、自己ベストをしっかり出せば優勝のチャンスはあるかなと思った」

 決勝では、隣の4レーンのジェレミー・デプランシュ(スイス)が準決勝と同じように積極的にいく展開になったが、瀬戸も準決勝よりペースを上げてきっちりとついていった。