全日本大学駅伝で大活躍したルーキーたち 前田和摩ら箱根駅伝でスーパーエースと呼ばれるようになるのは誰だ?

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun

 全日本大学駅伝は、駒澤大学が1区からトップに立つと、そのまま8区まで一度も首位を譲ることなくゴールし、大会4連覇を達成した。「駒澤大学一強」を印象づける駅伝だったが、一方で初駅伝を走るルーキーたちが目についたレースでもあった。

2区で区間新を記録した東農大の前田和摩 photo by SportsPressJP/AFLO2区で区間新を記録した東農大の前田和摩 photo by SportsPressJP/AFLOこの記事に関連する写真を見る

 東京農業大の前田和摩(1年)は、10位で襷を受けると、2区を区間新の走りでチームを4位に押し上げる快走を見せた。区間トップの佐藤圭汰(駒澤大・2年)には10秒及ばなかったが、1年生で三浦龍司(順天堂大・4年)や山本歩夢(國學院大・3年)らエースの選手にタイムで打ち勝った強さは、同学年の学生からは「えぐすぎる」と言われるほどで、すでに違う次元に到達している感じだ。

 前田ほどではないが、今回のレースで足跡を残した1年生のひとりが南坂柚汰(東海大・1年)だ。倉敷高校出身で昨年の都大路では1区5位と好走し、総合優勝を経験した。東海大は夏合宿を順調に終え、箱根駅伝の予選会では石原翔太郎(4年)、越陽汰主将(3年)を欠く中、チーム内2番(63分18秒・総合55位)で予選通過の立役者のひとりになった。
 
 両角速監督は、その時から今回の起用を決めていた。
 
「予選会での走りがよかったので今回は4区か、5区で起用を最初から考えていました。長い距離が得意なので、本当なら5区だったのですが、鈴木(天智)が捻挫で回避したので、チーム内事情で4区に配置しました」

 南坂は、12位で襷を受けると、順大と帝京大を追い越して10位にチームを押し上げた。
 
「2つ順位を上げられましたけど、自分が設定していたタイムよりも遅くなってしまい、力不足が出てしまいました。箱根予選会からスパンが短いですが、他大学の選手は今大会に合わせてきています。短いスパンでも長い距離を走れるようになるため、今回はいい経験になりました」

 普段は、4年生の石原と一緒にポイント練習をすることが多い。石原についていけないこともあるが、今回は石原のような走りを意識していた。

「石原さんは、昨年の全日本で3区区間賞を獲り、順位も15位から12位まで上げるゲームチェンジャーの走りをしました。今回、自分もと思ったのですが、区間9位でシード権内の8位を走っていた早稲田大から1分28秒とさらに離されてしまいました。難しい状況でも自分の走りができるようにもっと練習から頑張っていかないといけないです」

 課題はあるが、それでも区間9位と初駅伝ではまずまずの走りを見せたことで、箱根駅伝のメンバー入りも見えてきた。
 
「箱根までは2カ月ありますし、合宿などで調子を上げていければ箱根も見えてくると思います。希望区間は特にありません。山以外で監督が望むところで走って結果を出したいと思います」

 今回は、1年生の出走が多かったが、他のルーキーは意識しているのだろうか。

「エントリー表を見ると1年生がいるなって思うんですが、常に上を目指していますし、学年が上でも同期でも前の選手に勝つことを意識して走っているので、特に同学年の選手を意識することはないです」

 東海大は2年生に花岡寿哉や鈴木天智ら力のある選手が揃っているが、南坂は「一つの上の先輩たちが目指しているところに自分も貢献したい」という。エース候補でもある南坂は、目指すところを達成するために欠かせない存在になるだろう。

1 / 3

プロフィール

  • 佐藤 俊

    佐藤 俊 (さとう・しゅん)

    1963年北海道生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、出版社を経て1993年にフリーランスに転向。現在は陸上(駅伝)、サッカー、卓球などさまざまなスポーツや、伝統芸能など幅広い分野を取材し、雑誌、WEB、新聞などに寄稿している。「宮本恒靖 学ぶ人」(文藝春秋)、「箱根0区を駆ける者たち」(幻冬舎)、「箱根奪取」(集英社)など著書多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る