2021.12.31

エース3人のハンパない爆発力で往路優勝も可能。箱根駅伝の台風の目は東京国際大になる

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by  SportsPressJP/アフロ

箱根駅伝での快走が期待される、東京国際大3年・山谷昌也箱根駅伝での快走が期待される、東京国際大3年・山谷昌也 この記事に関連する写真を見る

 今回の箱根駅伝は、過去最大級の嵐が吹き荒れそうだ。

 その中心になりそうなのが、東京国際大だ。

 前々回の箱根駅伝は5位、前回は10位と2年連続でシード権を獲得。今シーズンの出雲駅伝では初出場初優勝の偉業を3区の丹所健(3年)から独走状態で達成し、東京国際大強しを印象づけた。続く全日本大学駅伝では、箱根駅伝を見すえた区間配置でイェゴン・ヴィンセント(3年)を3区におき、5位に入賞。8区間中2区間で区間賞を獲り、改めて力のあるところを証明した。東京国際大はもはやダークホークではなく、青学大や駒澤大など駅伝強豪校が警戒する実力校に成長している。

 東京国際大の今回の箱根駅伝の目標は「往路優勝、総合3位」である。

 チームの軸は、大エースのヴィンセント、日本人エースの丹所、山谷昌也(3年)の3人だ。エントリーされた区間配置を見ると、1区山谷、2区ヴィンセント、丹所は補欠だが当日変更で3区に入るだろう。3区までに主導権を握り、4区、5区で逃げきる戦略だが、それが容易に計算できるほど、この3人の爆発力はハンパない。

 山谷は今回、初めての箱根になる。

 1年時は、エントリーメンバー発表後に右膝を故障し、前回大会の時はエントリ―直前に右足の足底を故障した。

「1年目は、伊藤(達彦)さんや強い先輩方とヴィンセントがいて、自分の実力不足もあって走れなかったというのがあったんですが、2年目は1年間Aチームでやってきて、箱根に向けて自信を持って練習してきました。そういうなかでケガをしてしまい、本当に悔しくて......。自分の希望である1区を丹所が走った悔しさもありました」

 3年生となった今シーズン、「絶対に箱根を走る」と誓ってスタートしたが、トラックシーズンは、不調が続き、苦しんだ。

「今シーズンは、とにかくケガに気をつけて練習を継続していくという気持ちで入ったんです。でも、前半は思うような練習ができず、関東インカレもスタートラインに立った時に自信を持てないままレースをしてしまって......本当に苦しい時期が続きました」