2021.08.06

20km競歩で池田向希と山西利和がメダル獲得。銀と銅で表情の明暗がはっきり分かれた理由

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AJPS

 8月5日に北海道・札幌市で行なわれた、東京五輪男子20km競歩。北の大地とはいえ、スタートした16時30分の気温は31℃。西日の中、1kmの周回コースで実施された。

 日本勢は、期待されていた金メダル獲得を逃したが、銀と銅のダブル表彰台で、この種目史上初のメダル獲得を果たした。しかし、当人たちの表情は、明と暗に分かれていた。

スパートをかけた山西利和についていったマッシモ・スタノ(イタリア)と池田向希スパートをかけた山西利和についていったマッシモ・スタノ(イタリア)と池田向希 この記事に関連する写真を見る  レース後に悔いの言葉を口にしたのは、銅メダルを獲得した山西利和(愛知製鋼)。2019年世界選手権で優勝したあとは、東京五輪の金メダルだけを目標にしてきた。その後のレースも強さを見せ、誰もが彼の優勝を疑わないほどだった。

「細かいレースの進め方や立ち回りだけを見れば、ちょっと無駄が多すぎました。何よりもまず、『五輪の金を獲る』と考えたときに、『これで勝てる』と想定した部分に自分の甘さがあった。それがすべてだったと思います」

 レースは、4km手前から今年5月に世界歴代3位の記録を出している王凱華(中国)が飛び出し、9km地点では追走集団との差を最大13秒に広げた。山西はそれを追う集団を引っ張る形で歩いていた。

「王選手の飛び出しのタイミングが少し早いと思ったのでつかなかったですが、離れてからは追いたいという焦りと、周りがあまり動いてくれないというところで迷いがあった。追うならちゃんと追いきるという判断をすべきだったし、まだ追う必要はないと思えばその時点で後ろに下がって構えるとか。立ち回り方はいろいろあったと思います」

 山西も本心では、1km4分台ひと桁のペースではなく、もう少し速いペースの展開に持ち込みたかった。だが、暑さのある中で確実に勝つことを考え、少し慎重になってしまった結果、歩きに迷いが出た。