2021.07.30

100mハードルの寺田明日香、陸上を離れる前の自分に決着を。東京五輪は「終わりであり、始まり」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Naoki Morita/AFLO SPORT

 100mハードルの寺田明日香(ジャパンクリエイト)が初めての五輪に臨む。

 2013年に23歳で一度引退したあとは結婚、大学進学、出産、7人制ラグビーに挑戦するなどさまざまな経験をしてきた。そして、2019年に陸上に復帰をすると、6年間競技から離れていたとは思えない驚異的なスピードで日本のトップへと上り詰めていった。

五輪直前まで、家族と過ごすなど普段の生活をすると話していた寺田明日香五輪直前まで、家族と過ごすなど普段の生活をすると話していた寺田明日香  2019年の8月に13秒00の日本タイ記録で走ると、9月には10月の世界選手権参加標準記録を突破する12秒97で世界選手権の代表に選出。しかし、その世界選手権でタイムは13秒20と思い描く走りはできなかった。その時の走りを寺田はこう振り返る。

「やっぱり自己ベストが12秒9台後半だと、環境が違っていたり、ピークが落ち始めた時の試合はまったく戦えないなと思いました。私はラグビーをやったことで体は大きくなっていたけれど、一緒に走った外国人選手たちはもっと大きかったし、爆発力も違った。ピークを合わせるほかに、東京五輪へ向けてはそこも考えていかなければいけないなと思いました」

 2020年は東京五輪だ! と思っていた矢先、世界的な新型コロナウイルス感染拡大により、大会は1年延期になった。気持ちは落ち込んだが、現状を受け入れてリフレッシュの時だと割り切った。そこからは、その1年で「今よりもっとパワーアップして五輪を迎えればいい」「もっと速くなれば、今よりもっと世界と勝負ができるかもしれない」と気持ちを切り替えた。

「2020年は公認で13秒03がベストでしたし、日本選手権は青木益未選手(七十七銀行)に負けたけれど、『これくらいでいいんじゃないかな』と思っていました」

 すべてが好調とはいかない状況もプラスに捉えた。