2020.12.28

「目標は世界一のマラソンチーム」
三菱重工はこだわる独自の選手育成

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sato Shun

知られざる実業団陸上の現実~駅伝&個人の闘い
三菱重工マラソン部(1)

「ウチは全国唯一のマラソン部であり、目標は世界一のマラソンチームになること。その目標を達成できる選手をつくっていくことです」

 三菱重工マラソン部(前MHPS)の黒木純監督はそう語る。部は1982年に誕生し、昨年のMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)には井上大仁(ひろと)ら3人を送り出すなど、日本の実業団のトップシーンを走るチームに成長した。

三菱重工マラソン部を率いる黒木純監督 国内には多くの実業団チームが存在するが、マラソン選手を輩出するのを目標とし、マラソン部と称しているチームはここだけだ。だが、なぜマラソンなのか──。

 もともと九州の実業団は旭化成をはじめ、トヨタ九州、安川電機、九電工、黒崎播磨などがマラソンの日本代表選手を輩出してきた。その土壌に加えて駅伝人気が高く、伝統的にロードを走る文化が育まれ、九州は地形的に練習環境に恵まれていることも大きい。

「長崎のメリットは山坂が多く、その地形を生かして選手をつくっていくことができる。あと、地方ですからいろんな情報にとらわれず、純粋に陸上に取り組んでいける」(黒木監督)

 車でわざわざ遠くに行かなくても近くに山があり、毎日、近くをジョグするだけで足が鍛えられる。生活環境も充実していて、市内に大きな寮があり、食事など生活面で困ることはない。しかもチームには井上を筆頭に木滑良、定方俊樹、岩田勇治といったトップランナーがおり、間近で彼らの強さを見ることができる。マラソンを目指す選手にとっては、これ以上ない環境である。

 だが、スカウティングは簡単ではない。とくに箱根駅伝の常連校の選手を獲得する際、競争相手が関東圏の実業団だと苦戦を強いられる。

「実力とスター性のある選手が『マラソンをやりたいのでお世話になります』と言ってくれるとありがたいですけど、なかなかそうはいかない(苦笑)。地方のチームですし、選手が自然と集まってくることもない。だから、地元の選手が多い。戦略的には2番手、3番手の選手を取りながら、しっかり育てていくのがウチのやり方です」