2020.11.03

3度の箱根駅伝→実業団退社も再出発。
松村陣之助が語る「働きながら走る」意義

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sankei Visual

知られざる実業団陸上の現実~駅伝&個人の闘い
コモディイイダ(3)

 松村陣之助は、会沢陽之介監督が推す選手のひとりだ。城西大時代は箱根駅伝を3度出走し、2年の時には1区を走り、2区の村山紘太(現・旭化成)に襷を渡し、城西大は総合7位に入る健闘を見せた。

 しかし松村は「箱根ではまったく力を発揮できず、悔しくて思い出したくもない」と語る。大学卒業後は実業団チームに入ったが2年で退社し、昨年コモディイイダに入社した。

今年1月のニューイヤー駅伝で1区を走ったコモディイイダの松村陣之助(写真中央) なぜ、新たにコモディイイダを選んだのだろうか。

「前の会社では、自分自身に甘い部分があって、応援してくれた方にまったく恩返しができなかった。その甘い部分を見詰め直し、力がなかった自分をより強くするために環境を変えたいと思ったんです。その時に監督と相談をしたのですが、自分を必要としてくれて......その期待に応えたいと思い、お世話になることを決めました」

 入社したコモディイイダのチームの雰囲気をどう感じているのだろうか。

「ひと言でいうと"楽しい"ですね。前のチームはいろんなことに厳しくて、年功序列みたいなものもあったんです。でも、コモディイイダはそういう面でのストレスがなく、みんな和気あいあいとして楽しく陸上をしています。もちろん練習中はピリピリする時もありますけど、終わったら年齢に関係なく仲良くやれている。すごくいいチームだと思っています」

 夏合宿は学生も参加しており、彼らを含めて楽しくこなせていると松村はいう。たしかに、合宿の昼食時も緊張した空気はなく、会沢監督のユニークな言葉もあってとてもいいムードだった。

「本当にいいチームに入ったなと思います。コモディイイダに入った時、僕は力がなくて、1日でも早く力を取り戻したいと思って練習に取り組んできました。ここの練習はかなりきついんですけど、頑張ればいいタイムで走れるかなと思ってやっています。今はだいぶ力が戻ってきて、みんなの頼りになる存在にならないといけないと、自分の立場を自覚するようになりました」