2020.10.16

立教大の「三羽ガラス」となるか。
悲願の箱根駅伝出場に向け期待の1年生3人

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sato Shun

---- 練習では引っ張っていくタイプですか。

「いえ、どちらかというと甘えてしまうタイプですね。ポイントではほかの人が引っ張ってくれると、そこで自分の甘えが消えるので、落ちないで走ることができます。自分ひとりでは練習できるタイプではないので、仲間と一緒に協力して練習できる立教の環境は、本当にありがたいです」

---- 予選会での目標タイムは。

「個人的に狙っているタイムはありません。集団のなかでどれだけ余裕をもって、ラストを上げられるか。とにかく最初に突っ込んで入って、最後に落ちるというのが最悪なので、それだけは避けたいです」

東京五輪で目に焼きつけたい!絶対注目の美女アスリートたち>>

---- 箱根を走るとしたら何区を走りたいですか。

「山上りが苦手で、スタートは緊張するので5区と1区......あとは下りの6区。この3つ以外の区間ならどこでもいいです。駅伝は追いたい気持ちになるので、そういう区間で力を発揮したいですね」

---- 箱根駅伝以外の個人的な目標は。

「箱根駅伝出場が一番の目標で、個人よりもまずはそれが最優先です。個人的には5000mからハーフまでやっていきたいと思います。自分のストロングポイントじゃ粘り強さだと思っているので、その強みを生かしたい。5000mの自己ベストを出した時はラストスパートでタイムを稼いだので、そのキレを磨いていけばほかの種目でも対応できると思っています」