2019.12.27

箱根駅伝で早稲田大が挑むは3位以内。
ミトコンドリア効果は武器となるか

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato
  • photo by Kyodo News

箱根駅伝2020 有力校はココだ!  
戦力分析 早稲田大学編

 前回の箱根駅伝は12位。名門・早稲田大は9年ぶりにトップ5から陥落し、13年ぶりのシード落ちとなった。

 そして、現所属の選手が誰も経験していなかった、10月26日の箱根駅伝予選会でもまさかの結果が待っていた。スピードタイプの新迫志希(4年)は8日後の全日本大学駅伝に合わせて、エース格の中谷雄飛(2年)は腸脛(ちょうけい)靭帯に違和感が出たため、ふたりとも温存。その結果、総合9位と”ブービー”での予選通過になったのだ。

箱根予選会9位も、全日本大学駅伝で6位と奮闘した早稲田大 予選会の結果は名門からすれば屈辱的なものだ。相楽豊駅伝監督も、「最低でも総合3~6位に入りたかった」と話していたが、早大は全日本大学駅伝で急浮上を遂げることになる。

 1区:井川龍人(1年)が16位と出遅れながら、2区:太田智樹(4年)が8人抜きで8位に浮上し、4区:千明龍之佑(2年)も4人抜き。井川を除く7人が区間ひと桁の順位でカバーすると、最終8区は次期主将の吉田匠(3年)が6位でゴールに飛び込んだ。

「全員が最低限でとどまってくれた。早稲田らしい駅伝ができたと思う」と相楽監督。箱根予選会で苦しんだチームが、全日本で悠々とシード権をゲットしたことに驚きの声が上がった。しかし、相楽監督は満足していない。

「予選会の結果を受けて、『これは自分たちの力ではない』という反骨心もありました。疲労が残るなかで選手たちは頑張りましたが、優勝争いしていたチームが後ろを走っていた場面が何度もあったことを考えると、悔しいなと思います」

 そう、箱根駅伝ではさらに”上”を目指しているのだ。16位スタートから2区で流れを変えた主将の太田も、「1区でちょっと出遅れたんですけど、トップから30秒差くらいだったので、追いつこうと思って走りました。何度か3位を狙えるチャンスがあったので、そこは悔しいですね」と前を向く。故障で出遅れていた中谷が全日本で復帰し、予選会を欠場した新迫も7区を区間9位でまとめた。

 前回(12位)の箱根メンバーのなかで、卒業したのは2人だけ。故障あがりだった太田が2区で区間21位に沈んだことを考えると、前回からの”上乗せ”は十分にある。その主将・太田は、3年連続の2区が濃厚。今季はコンスタントに活躍しており、前々回(区間6位)以上の好走も期待できる。卒業生の穴は、高校時代に”世代ナンバーワン”の活躍を見せた井川と、6月の全日本大学駅伝予選会3組でトップを飾った、鈴木創士というルーキーでカバーできる。