2019.07.03

阪口竜平が日本選手権初V。
まったく歯が立たず→1年で好敵手に勝利

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Nakamura Hiroyuki

 それでも日本選手権初優勝は、阪口にとって「大きい」と西出コーチは笑顔だった。

「昨年の日本選手権でまったく歯が立たなかった塩尻くんに対して、それから1年、春にアメリカに行ってトレーニングを学び、帰国してからもやり続け、いい形ではまって優勝できた。スピードがついたし、メンタル的にも小さいことにこだわらなくなった。1年間の成長が見られたと思います」

 1年半前、春のアメリカ合宿でアメリカ人コーチから「竜平は3000SCをやったほうがいい」と助言され、西出コーチもそう思った。昨年の日本選手権3000SCで4位に終わったあと、阪口は1500mから3000SCの1本に絞った。

 それからわずか1年で最大のライバルに勝利した。「1回勝っただけなので……」と阪口は謙遜するが、じつはレース前、ツイッターで”優勝宣言”をしていた。

「優勝できる自信があったので言えたけど、世界選手権の参加標準タイムを切れなかったので有言実行ならず、です。なんて言い訳しよう……」

 阪口はそう言って苦笑した。

 まずはケガを治すことが最優先。世界陸上へのチャレンジは、まだまだ続く。

関連記事