2019.05.22

神野大地が描くMGCまでの青写真。
エチオピア合宿で得た気づきとは?

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Matsuo/AFLO SPORT

神野プロジェクト Road to 2020(31)

前回の記事はこちら>>

 エチオピアで25日間の合宿をこなした神野大地。現地ではゼーン・ロバートソン(ニュージーランド)選手の自宅に宿泊してともに練習し、モハメド・ファラー(イギリス)の練習にも参加した。エチオピアには独特の練習スタイルがあることにも気づき、神野は自分の練習スタイルにも取り入れてみようと思ったことがあったという。

エチオピアから帰国後、GGNと仙台国際ハーフに出場した神野大地「朝、しっかり走るというスタイルですね。ケニアもエチオピアも朝、けっこうしっかり走って、午後はイージーに設定する感じなんです。たとえば、ジョグは朝15キロ、午後15キロではなく、朝は20キロ、午後10キロ。彼らに聞くと、1日を有意義に使うために朝走るって言うんですよ。午後は治療とかケアとか、自分のしたいことに使えるじゃないですか。

 それに朝は気温が上がらないし、車の量も多くないですからね。たしかに、朝しっかり走ると有意義に時間を使える。日本だと朝走って、午後もしっかり走らないといけない感じで、練習に追われて1日が終わる、みたいな。でも、エチオピアではそれがなく、幅というか余裕を持ってやれているんです。これが強さや速さにつながるのかわからないですけど、これもありかなと思っています」

 練習に追われている状況でのトレーニングや、やらされている練習では強くなれないのは、どんな競技でも同じだ。もっとも、朝に比重に置いて練習をすれば強くなるという科学的な根拠はない。

 だが、朝に集中して練習をやり切れば、その効果は普通に練習する以上のプラスアルファを得られる可能性があるし、少なくとも精神的にはプラスに作用しそうだ。ちなみにエチオピアの朝練習は、8時ぐらいにスタートする。ケニアは早朝5時からするので、朝はゆっくりスタートがエチオピアスタイルのようだ。

 神野も朝練習に重点を置くやり方を参考にしているが、それにはもうひとつ理由があった。