2017.06.27

メダリストをゴボウ抜き。
2冠のサニブラウンが積み上げた速さの秘密

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 中村博之/PICSPORT●写真 photo by Nakamura Hiroyuki/PICSPORT

 日本陸上選手権最終日の男子200m。ここでも強さを発揮したのは、前日100mでも話題をかっさらった、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)だった。

日本選手権で100m、200mの2冠を、末續慎吾以来14年ぶりに達成したサニブラウン・ハキーム「正直、もういっぱいいっぱいでした。100mを3本あのスピードで走って、200mも1本走ると脚に疲労が溜まっているし、ラストは足が回らないと思っていたので最初からガツンと行こうと。それでも持って150mだと思っていたので、あとはしっかり足を回して我慢勝負になるかなというレースプランでした」

 ライバルは、昨年この大会を20秒11で制し、連覇を狙う飯塚翔太(ミズノ)。前日の予選で20秒40と、世界選手権参加標準記録の20秒44を突破していた飯塚は、決勝では前半の走りを意識をしていた。

 だが、その前半の争いでリードしたのはサニブラウンだった。

「最初の一歩目から、しっかり地面を捉えて押していくというのができれば……」と話していた飯塚だが、スタートが若干鈍くなり、ひとつ外のレーンを走るサニブラウンに先行されてしまう。