2017.03.04

箱根の「新旧エース対決」と
男子代表争いで、びわ湖マラソンが熱い!

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato
  • photo by AFLO

 3月5日に行なわれる、びわ湖毎日マラソンの注目度が急上昇している。というのも、今夏に開催されるロンドン世界陸上選手権の「男子マラソン代表争い」が混迷しているからだ。

 男子の選考レースは4つあり、代表枠は最大3つ。各選考会で日本人1位の成績を収め、派遣設定記録(男子は2時間7分00秒)を突破すると代表内定となるが、3レースを終えた時点で内定者は出ていない。それどころか、ここまで3人いる「日本人トップ」の優劣をつけることすら難しい状況なのだ。

青学大の箱根3連覇に貢献した一色。びわ湖では「花の2区」の先輩と対決する 福岡国際マラソンは川内優輝(埼玉県庁)が日本人トップ(3位)で2時間9分11秒、別府大分毎日マラソンは中本健太郎(安川電機)が制して2時間9分32秒。東京マラソンは井上大仁(MHPS)が日本人トップ(8位)で2時間8分22秒、加えて山本浩之(コニカミノルタ)、設楽悠太(Honda)、服部勇馬(トヨタ自動車)の3人が2時間9分台でフィニッシュしている。

 東京で日本人2位に入った山本は、2時間9分12秒で中本のタイムを上回るが、福岡と別府大分は雨のレースで、東京は優勝したウィルソン・キプサング(ケニア)が日本の国内最高記録を大きく塗り替える2時間3分58秒をマークするなど条件的にはよかった。