2016.06.28

男子リレー4×100m、リオでメダルを獲る
「最強のオーダー」はどれか

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 日本選手権終了翌日の6月27日、名古屋市内のホテルで、すでに発表されていた男女マラソンと男子20km、50km競歩の代表12名に加え、男女32名の陸上競技リオデジャネイロ五輪代表が発表された。

リレーでの活躍も期待される(左から)山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀 今後は7月11日までに、出場枠を満たしていない種目については、参加標準記録を突破すれば追加される可能性もある。またリレー種目では、すでにリオ五輪の出場枠を獲得している男子4×100mリレーを除いた男女3種目で、世界ランキング上位8位以内(すでに出場枠を得た国を除く)に入れば出場枠を獲得できるという。

 そんな中、注目の男子4×100mリレーは、日本選手権の100mで1位から3位になったケンブリッジ飛鳥(ドーム)と山縣亮太(セイコー)と桐生祥秀(東洋大)。200mで優勝した飯塚翔太(ミズノ)と2位の高瀬慧(富士通)に加え、故障で6位ながらもすでに陸連の派遣設定記録を突破していた藤光謙司(ゼンリン)が代表に選ばれ、彼ら6名で戦うことになった。

 その6名のベスト記録は、桐生が10秒01で山縣が10秒06、ケンブリッジが10秒10。200m勢も飯塚が20秒11で藤光は20秒13、高瀬は20秒14とハイレベル。現時点の世界ランキングでも、100mの桐生は21位で山縣は39位、ケンブリッジは59位。200mの飯塚は10位で、昨年出している藤光と高瀬の記録は13位と14位に相当し、史上最強のオーダーが組める状況になっている。