2016.03.08

リオ五輪男子マラソン代表は誰に?「東京五輪強化枠」の導入を提案する

  • 酒井政人●取材・文 text by Sakai Masato
  • 岸本勉/PICSPORT●写真photo by Kishimoto Tsutomu

 3月6日のびわ湖毎日マラソンでリオ五輪の男子マラソン代表選考会がすべて終了した。男女の日本代表は3月17日に発表されるが、誰が選出されるのか。一足先に予想してみたい。

びわ湖毎日マラソンで日本人トップとなった北島寿典

 リオ五輪のマラソン代表(男女各最大3枠)の選考は、昨夏の北京世界選手権で8位以内に入った日本人最上位者に内定が与えられるも、男子は該当者なし。日本陸連設定記録(男子は2時間6分30秒)を突破した選手もいなかった。

 そのため、福岡国際マラソン(12月)、東京マラソン(2月)、びわ湖毎日マラソン(3月)の国内選考会で日本人3位以内に入った選手の中から、記録、順位、レース展開、タイム差、気象条件などを総合的に判断して、本大会で活躍が期待できるランナーが選考されることになる。各大会で日本人3位以内に入った選手は以下の通りだ。

【福岡国際マラソン】
(3)佐々木悟(旭化成)  2時間8分56秒
(5)高田千春(JR東日本)2時間10分55秒
(7)大塚良軌(愛知製鋼) 2時間12分46秒

【東京マラソン】
(8)高宮祐樹(ヤクルト)  2時間10分57秒
(10)下田裕太(青学大)  2時間11分34秒
(11)一色恭志(青学大)  2時間11分45秒

【びわ湖毎日マラソン】
(2)北島寿典(安川電機) 2時間9分16秒  
(4)石川末廣(Honda)   2時間9分25秒  
(5)深津卓也(旭化成)  2時間9分31秒 

※( )内の数字は全体での順位