2014.06.08

【続・東京マラソンへの道】中島彩「ヘアスタイルの崩れる梅雨に勝つ」

  • 中島彩●文・写真 text & photo by Nakajima Aya

市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。6月に入ると九州地方から続々と梅雨入りが発表されました。私の住んでいる東京も、今週末はすっかり雨模様です。雨の降っている状況でランニングに出かけるのは、やっぱり気が滅入ります。雨が降っていれば、ランニングマシンなどを使って室内トレーニングに切り替えることもしばしば……(コラム「梅雨に負けない私のRUN術」参照)。ただ、梅雨の時期、ずっと室内でトレーニングするのは寂しいものです。そこで今回は、雨でもくじけないようなRUNを提案したいと思います。今週のテーマは、「RUN×梅雨」。特に女性ランナーに大敵の「湿気」に負けないランニング対策を紹介します!

湿気でうねってしまう前髪はお洒落なヘアバンドで解決!☆前髪がうねってテンションが下がらないためには?

 梅雨の時期になると、女性が一番気にするのは、やはり湿気によるヘアスタイルの崩れですよね(もちろん、男性で気にする人もいますが)。特に前髪を作っていると、毛先がうねってスタイルが決まらない……という経験は多いと思います。そんな状況でランニングをすれば、前髪から汗が滴(したた)り落ちてくるので、さあ大変。顔中にポトポトと垂れてくるし、目にもどんどん汗が入ってきて痛くなるし、テンションは下がりっぱなしです。

 そんなときに便利なのは、ヘアバンドとキャップのダブル使いです。海外でマラソン大会に参加したとき、外国人ランナーの方がそのスタイルを多く取り入れていました。まずはヘアバンドで前髪をアップにして、その上から大きめのキャップを被るんです。そうすると、ヘアバンドが汗を吸い込んでくれるので、顔に滴り落ちる心配はありません。さらにキャップを被っているから、降ってくる雨粒も防いでくれるのです。

 ヘアバンドで前髪をアップにするスタイルはランナーらしくてカッコいいと思います。私はしっかりと髪の毛を固定したいので、幅の広めのヘアバンドを選んでいますよ。ホノルルマラソンやグアムマラソンに参加したときは、いろんなヘアバンドが売られていました。みなさん、個性的なヘアバンドをチョイスしてランニングを楽しんでいるみたいですね。また、海外では男性ランナーもヘアバンドを愛用していました。梅雨の時期、ヘアスタイルでお悩みでしたら、ぜひ使ってみてください!