2013.12.21

【続・東京マラソンへの道】中島彩「寒い朝も起きられる強い味方とは?」

  • 中島彩●文・写真 text & photo by Nakajima Aya

市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。今年もあとわずか、街は忘年会ムードになっていますが、市民ランナーの聖地である皇居外周は連日、超満員です! 特に多くの企業が取り入れている「ノー残業デー」の水曜日は、お洒落なウェアに身を包んだランナーたちで賑わっています。みんな、おしゃべりしながら楽しそうに走っていますよ! 一緒に走るランニング仲間=「ラン友」がいれば、寒い冬も楽しく走れますよね。というわけで今回のテーマは、「RUN×ラン友作り」。どうやってラン友を作ればいいのか悩んでいる方は、ぜひ読んでください!

早く起きて走ったあとにラン友と一緒に食べる朝食って最高です! 私は、朝早く起きて走る「朝ラン」が大好きです。特に冬は、夜になってから走るより、朝のほうがパリッとした気分で1日をスタートできるからです。でも、冬の朝って、なかなか起きられないことってありませんか? 起きようとしてもベッドから出られず、つい二度寝をしてしまい、朝のランニングタイムを逃してしまうことも……。しかし、そんな心折れそうな寒い冬の朝を乗り切れる心強い味方が、ランニング仲間の存在です!

 私は朝ランをするとき、待ち合わせ時間や場所をラン友と事前に約束し、当日を迎えます。そうしておけば、朝、目覚ましが鳴ると、「約束したんだし、起きなきゃ! 準備しなきゃ!」と、反射的に飛び起きれちゃうものなんですよね(笑)。しかも、ランニングしたあとは一緒に朝飯を食べたり、お昼からビールで乾杯(笑)する楽しみがあると、「寒くても起きよう!」という決心がつきます。ラン友と一緒に走ったあとの達成感と爽快感は、最高ですよ!

 そんな心の支えとなってくれるランナー友達が近くにいてくれたらベストですが、いきなり作れるというわけでもありません。そこで、ラン友を見つけるための私なりの方法を紹介したいと思います!