2021.10.09

車いすラグビー倉橋香衣、パラリンピックで敗戦した準決勝は「笑うことを忘れていた」

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • 細野晋司●撮影 photo by Hosono Shinji

 東京パラリンピックで2大会連続の銅メダルを獲得した車いすラグビー日本代表。大会から1カ月が経った現在、チーム唯一の女子選手として活躍した倉橋香衣選手はどんな気持ちを抱いているのか。オンライン取材に応じてくれた倉橋選手に、思いの丈を語ってもらった。

東京パラリンピック・車いすラグビーで銅メダルを獲得した倉橋香衣東京パラリンピック・車いすラグビーで銅メダルを獲得した倉橋香衣 ── 東京パラリンピック、お疲れ様でした。少し時間が経った今、日本代表の銅メダルという現在地について倉橋選手はどのように感じていますか?

「今も悔しさのほうが大きいです。オーストラリアに勝った3位決定戦よりも、イギリスに負けた準決勝のことをよく考えていますね。前回のリオ大会からの5年間、ずっと『金メダルを獲る』と言ってきて、いろんな人たちの協力を得て強くなったはずなのに、結局届かなくて。うまく表現できないんですが、心が散らかっているというか、人生で初めての気持ちになりました。ただ、"現在地"は結果として受け止めています。東京パラリンピックで戦った5日間は、自分たちができることはすべて出しきったと思えているので。それから、会社の人たちや周りの友人たちが『おめでとう』って言ってくれて、すごく喜んでくれました。その姿を見て、やっぱりメダルを獲れてよかったなと思えるようになりました」

── パラリンピックに出場後、周囲の変化を感じることはありますか?

「『車いすラグビーを見たよ』って言う人が急増しました。車いすラグビーを見たことがなかった友人も『すごいルールがよくできてる競技なんやな』『楽しいな』って言っていて。無観客試合でしたが、テレビなどの映像を見てこの競技を知る人が増えたことがすごく嬉しいです。私は自分から情報を発信することが苦手で、これまでSNSは一切やってこなかったんですが、競技をより知ってもらうひとつの手段やと改めて思ったので、ちょっとだけ考えようと思います」

── 倉橋選手がパラリンピックを通して得た成長と課題については、いかがでしょう?

「成長できたかわかりませんが、私はローポインター(守備的な選手)なのでふだんの練習から味方を生かすためのプレーや助けるプレーを意識していて、今大会はそれを実行できたなと思います。一方で、競っていたり負けている試合の時にみんなの士気が落ちているなと感じたら、いつもならわざとニコッと笑ったりするんですが、準決勝ではそれをし忘れていたというか......。そういう気持ちの面でも、チームにいい影響を与えられるように成長していきたいと思いましたね」