2019.04.07

過去最多の日本人4人が全米選手権出場。
池崎大輔が2年連続MVP獲得

  • 斎藤寿子●取材・文・写真 text&photo by Saito Hisako

 3月29~31日(現地時間)の3日間にわたって、アメリカのイリノイ州・ロックフォードでウィルチェアーラグビーの全米選手権が行なわれた。今回、ウィルチェアーラグビーの強豪国のひとつである米国で、No.1を決める全米選手権に出場した日本人選手は、過去最多の4人。池透暢(ゆきのぶ)、池崎大輔、島川慎一、官野一彦。いずれも昨年の世界選手権の日本代表で優勝メンバーだ。

アメリカの地で戦った(左から)官野一彦、池透暢、島川慎一、池崎大輔 結果は、池崎が所属するワイルドキャッツ(アリゾナ)が連覇を達成。さらに池崎は昨シーズンに続くMVPに輝いた。果たして、2020年東京パラリンピックを目指す4人は、米国でどんなシーズンを過ごし、何を得たのか。それぞれの思いを訊いた。

 4チームずつ2つのプールに分かれた予選で全勝し、準決勝でも快勝して決勝進出を決めたのがワイルドキャッツと、ハリクインズ(デンバー)。ワイルドキャッツは3人の米国代表と池崎の4人が主力となっていた。一方のハリクインズにも4人の米国代表が所属しており、なかでもチャック・アオキは米国代表のエースで世界トッププレーヤーの一人。世界ランキング2位の日本のエースと、同3位の米国のエースを擁する強豪2チームが対戦するとあって、決勝のコートは観客や選手たちであふれていた。

 試合は第1ピリオドで2つのターンオーバーを奪い、得点につなげてリードしたワイルドキャッツがそのまま勢いに乗った。一方、ハリクインズは早く追いつきたいという焦りからか、ミスが目立った。ミスの誘引の一つとなったのが、ワイルドキャッツの好守備だった。ゴール前のキーエリアまでラインを下げて守るキーディフェンスでは、クロスしながらトライを狙う相手を、しっかりと連携の取れた動きでブロックする場面が何度も見られた。