2018.03.28

東京五輪まで2年。ブラインドサッカー
日本代表は「強豪国と激戦」

  • 井上俊樹●取材・文 text by Inoue Toshiki
  • 高野洋●写真 photo by Takano Hiroshi

 春の東京・品川で、きれいな桜とともにブラインドサッカー各国代表が魅せた。3月21日(水・祝)から25日(日)までの5日間、品川区立天王洲公園にて開催された「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」。

キャプテンとしてチームを牽引した川村怜 前日までは、みぞれ混じりの天気だったものの、25日の決勝は花開く暖かな晴天に恵まれた。対戦したのはグループBを2勝、8得点無失点と圧倒的な強さで勝ち抜いた世界ランク2位のアルゼンチンと、グループAを1勝1敗ながら得失点差で勝ち抜けた世界ランク12位のイングランド。一進一退の攻防が続く試合展開に会場も大きく湧いたが、0−0のままタイムアップとなる。PK戦を制したのはアルゼンチン代表だった。そのユニフォームの胸には、同国代表と同じAFAのエンブレムが輝いていた。

 3位には、ロシアを1−0で下したトルコが入った。チャンスと見るやシンプルかつ大胆な縦パスを相手陣内中央、ゴール前に送り込むプレーが実に痛快なチームだった。

 そんな強豪が集まる中で、2年後の2020年東京パラリンピックでのメダル獲得を視野に大会に臨んだ日本代表も、鮮烈な印象を残した。

 21日の初戦イングランド戦で、エースの黒田智成が素晴らしい2ゴールを決め、2−1と幸先のいいスタートを切る。23日のトルコ戦は”引き分け以上で決勝進出”が決まる優位な条件のもとで臨んだ。しかし、そのトルコ戦はアクシデントや試合途中の天候、コートのコンディション変化に泣かされた。