2017.05.23

警戒される国枝慎吾。
車いすテニス男子のグランドスラムはどうなる?

  • 荒木美晴●取材・文・写真 text&photo by Araki Miharu

「ようやく”テニス”に復帰したな、と思います」

 世界4位のグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)に競り負けた国枝慎吾(ユニクロ)は、そう言って会場を後にした。

国際大会復帰戦で世界4位のフェルナンデスに敗れたものの、好試合をした国枝慎吾 5月16日から6日間にわたって、福岡県飯塚市で車いすテニスのジャパンオープン(第33回飯塚国際車いすテニス大会)が開かれた。グランドスラムに次ぐグレードのスーパーシリーズである今大会の男子出場者には、世界ランキング1位のステファン・ウデ(フランス)やリオパラリンピック金メダリストのゴードン・リード(イギリス)らトップランカーが名を連ねた。

 リオパラリンピック以降、右ひじ痛のため休養していた国枝は、4月下旬のダンロップ神戸オープンで復帰。海外勢との対戦は実質、今大会が復帰後初となった。

 国枝自身も予想していた通り、フェルナンデスとの試合はハイレベルな展開になった。第1セットは国枝のショットやサーブが安定せず、2-5と差をつけられたものの、そこから粘って3度ブレークし、タイブレークまで追いついた。だが、先にセットポイントを握ったのに勝ち切れず、このセットを落としてしまう。続く第2セットも見ごたえあるラリーが続くも最後まで波に乗り切れず、6-7、4-6で敗れた。