2015.03.08

あるパラリンピック・チームドクターが見た「報道と現実のギャップ」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 竹藤光市●写真 photo by Takefuji Koichi

盛りあげよう!東京パラリンピック2020(13)

大分中村病院理事長・中村太郎インタビューVol.1

 大分中村病院の理事長であり、社会福祉法人「太陽の家」の理事長でもある中村太郎氏。「パラリンピックの父」と呼ばれる父親の中村裕氏(ゆたか/1927年~1984年)の遺志を受け継ぎ、パラスポーツにも深く携わっている。シドニー(2000年)、アテネ(2004年)のパラリンピックではチームドクターを務め、パラリンピアンのスポーツとの向き合い方を間近で見たことで、パラスポーツに対する考えも変わっていったという。そんな中村太郎氏に、まずはパラスポーツの現状などを語っていただいた。

中村太郎氏にパラスポーツの現状などを語っていただいた。伊藤数子(以下、伊藤) 2013年の9月に、2020東京オリンピック・パラリンピックが決まりましたが、中村先生は最初にどんな風に思われましたか?

中村太郎(以下、中村) 単純に良かったなと思いました。

伊藤 私ももちろん大喜びだったんですが、東京に決まって以降、何か変化は感じていらっしゃいますか?

中村 そうですね。今回の東京に決まったことで、マスコミやメディアが、「東京オリンピック」じゃなくて「東京オリンピック・パラリンピック」って必ずパラリンピックを一緒に挙げてるのがすごく新鮮な感じを受けます。

伊藤 そうですね。