2015.03.07

東京パラリンピック開催まで2000日。子供たちが競技を体感!

  • 西村 章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 石山慎治●写真 photo by Ishiyama Shinji

 東京パラリンピック開催(開会式2020年8月25日)まで、ちょうど2000日となった2015年3月5日、『みんなのスタート!2000 Days to Go!!』と題したカウントダウンイベントが東京インターナショナルスクールで行なわれた。パラスポーツは、健常者スポーツと同様に楽しめる「スポーツ」であるという認識をさらに広め、言語・世代・性別・国籍等の壁を越えて、競技の奥深さや面白さを皆で共有しようという目的から、今回のイベント開催となった。

元サッカー日本代表の北澤豪選手のデモンスレーション。インターナショナルスクールの生徒たちも興味津々
 会場には、2020年パラリンピックの正式競技(※)となることが決定したブラインドサッカーの日本代表、カトケンこと加藤健人選手、サッカー元日本代表でブラインドサッカー日本代表の立ち上げから、この競技に長年関わってきた北澤豪氏、同じくサッカー元日本代表で、この競技の普及のため、積極的に協力をしている三浦淳寛氏が集結。デモンストレーションを披露し、その後、インターナショナルスクールの児童たちとともに体験会を行ない、観ているだけではなかなか感じ取りにくい競技特有の難しさや面白さを、実際に共有する貴重な機会になった。
※東京2020パラリンピック競技大会では、ブラインドサッカー(5人制サッカー)を含む陸上競技、アーチェリー、ボッチャ、カヌー、自転車競技、馬術、5人制サッカー、ゴールボール、柔道、パワーリフティング、ローイング、射撃、シッティングバレーボール、水泳、卓球、トライアスロン、車椅子バスケットボール、車いすフェンシング、ウィルチェアーラグビー、車いすテニス、バドミントン(新競技)、テコンドー(新競技)の22競技が実施される