2022.07.16

名古屋場所で好発進を決めた一山本。錣山親方がその強さの秘密を徹底解剖

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

元寺尾・錣山親方の『鉄人』解説
~2022年名古屋場所編

元関脇・寺尾こと錣山(しころやま)親方が、本場所の見どころや話題の力士について分析する隔月連載。今回は、7月10日から始まった名古屋場所(7月場所)において、序盤戦で好発進を決めた注目力士などについて解説してもらった――。

 大相撲名古屋場所が7月10日から始まっています。

 新型コロナウイルス感染拡大予防のため、先場所まではお客様の入場制限をしていましたが、今場所からは観客数の上限を設けることなく、約2年半ぶりに通常開催させていただくことになりました。猛暑のなか、初日からたくさんのお客さまに足を運んでいただき、私たちとしてはうれしい限りです。

 もちろん、館内の換気などを含めて感染対策を徹底。力士をはじめ、関係スタッフ一同、十分に気を遣って運営していきますので、お近くの方はドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)までお越しいただいて、ライブ観戦を楽しんでいただければと思っています。

 また、今場所前から日数を制限しての出稽古も解禁となりました。出稽古とは、稽古相手を求めて他の部屋に行くことですが、私の部屋の阿炎(小結)も、大関・正代らがいる時津風部屋や、春場所(3月場所)の覇者で関脇の若隆景がいる荒汐部屋に出稽古に行きました。本人から申し出があり、彼の"やる気"を感じた私はOKを出しました。出稽古に行く側、迎える側ともに感染対策をしっかりとっていれば、よいことではないかと思っています。

 さて、今場所序盤戦の土俵で目を引くのは、一山本(前頭13枚目)。身長188㎝、体重143kgという長身から繰り出す突き押し相撲が持ち味の力士です。その長いリーチを生かして、初日から4連勝。特に初日の翠富士戦、3日目の照強戦などは、「これぞ、一山本!」という相撲をとっての快勝でした。

先場所に続いて今場所も好スタートをきった一山本先場所に続いて今場所も好スタートをきった一山本 この記事に関連する写真を見る