2022.06.21

「死ぬ気で跳ぶのはもう無理だな」体操・寺本明日香が引退を悟った瞬間。最後の舞台は「これからはあなたたちだよ」と伝えたかった

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 近藤みどり●撮影 photo by Kondoh Midori

寺本明日香インタビュー前編

日本の体操女子を約10年にわたりけん引し、今年4月に現役生活を終えた寺本明日香さん。2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロと2度の五輪に出場し、リオでは団体4位、個人8位の活躍を見せた。引退から少しの時を経て、寺本さんは今、競技人生をどう振り返るのか。インタビュー前編では、引退を決めた経緯、最後の大会に込めた思いを聞いた。

今年4月に現役引退した寺本明日香さん今年4月に現役引退した寺本明日香さん この記事に関連する写真を見る

「最後の試合です」という場をつくりたかった

ーー現役最後の試合となった全日本選手権では、床運動で全体12位の12.666点を出し、段違い平行棒は10位の13.266点。そして最後の平均台を18位の12.633点で終えた時には涙も流していました。楽しむことができた全日本でしたか?

寺本明日香(以下、寺本)
 プレッシャーやギスギスした緊張感もなくて楽しめました。それでも、ある程度の緊張はあって、試合会場に入った時もこれまで何百回と試合をしてきたなかのひとつという感覚でした。

 全日本は10年以上出場し続けてきましたが、何回出ても「嫌だな」「怖いな」という気持ちがあって慣れないですね(笑)。その先にある、五輪や世界選手権を見据えて練習をしてきた成果を出す、シーズン最初の一番大事な試合なので。通過点にしないといけないけれど、絶対に失敗できない試合という難しさもあるんです。

この記事に関連する写真を見る この記事に関連する写真を見る ーー世界大会の代表選手は全日本のあとのNHK杯で決まりますが、NHK杯のほうがラクでしたか?

寺本
 そうなんです。NHK杯のほうが重要な試合だけど、全日本で一度予選と決勝の2本の試合をしているので、すんなりと入れることが多かったですね。やっぱり全日本の予選が一番緊張するかな。24位以内に入らないと決勝に進めない。2回くらい失敗したら入れないので、「下手をしたら」という不安もある。

 ただ10年くらいやってきてその失敗はしなかったです。アキレス腱を切ったあとの2020年12月の試合は13位で、翌年4月の試合は6位だったけど、その他の年は1〜3位には入っていたし、決勝も必ず第1班には入っていました。

ーー最後の試合を全日本選手権にしたのは、嫌で怖かった試合で楽しく演技したいと思ったからですか?

寺本
 一回楽しくやりたいというよりも、出場できなかった去年の東京五輪があってそのままフェイドアウトするのではなく、ちゃんと「最後の試合です」という場をつくりたいという思いがあって。(コロナ禍で)ずっと試合がなかったから必然的にそうなった感じです。

 東京五輪前の全日本で今年の出場権を獲っていたから、それを使う、使わないのも自由だと思いました。苦しかったといえば苦しかったし、トップでやっていた時の技に戻せていない状況で自分のプライドのことも考えたけど、それよりも最後の試合をしたいという一心でした。本当に全日本が最後になったのは私にとってはよかったと思います。