2022.01.26

Mリーガー高宮まりは「だめんず・うぉ〜か〜」でプロ雀士という仕事を知った。実際の麻雀もバイトの募集がきっかけだった

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Mリーグ女流雀士インタビュー(2)
高宮まり@前編

◆高宮まりさんの厳選フォトギャラリー【全8点】はこちら>>
◆Mリーグ女流雀士インタビュー(1)「岡田紗佳」から読む>>

 各チーム90試合で争うレギュラーシーズンの約6割を消化したMリーグ2021。8チームのうち上位6チームが進出できるセミファイナル(3月21日〜)を目指し、熾烈な争いが続いている。

 そのなかで今季の前半戦、主役とも言える躍動を見せたのがKONAMI麻雀格闘倶楽部だ。選手入れ替え規定が新たに導入されたなか、今季から加入した伊達朱里紗(日本プロ麻雀連盟)と3シーズン在籍したEX風林火山を退団して麻雀格闘倶楽部に加わった滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)の活躍で、今季のMリーグを大いに盛り上げている。

 ただ、これから佳境を迎えるなかで、創設時からエースの佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)とともにチームを牽引してきた高宮まり(日本プロ麻雀連盟)の爆発は不可欠だろう。その高宮選手に麻雀プロとなった経緯やMリーグの魅力などを聞いた。

   ※   ※   ※   ※   ※

高宮まり(たかみや・まり)1988年11月8日生まれの33歳高宮まり(たかみや・まり)1988年11月8日生まれの33歳 この記事に関連する写真を見る ---- 麻雀を始めたキッカケを教えてください。

「中高生の頃に読んでいた"くらたまさん"(倉田真由美)や西原(理恵子)先生のマンガに麻雀が登場して、『やってみたいなぁ......』と思ったのが最初でしたね。麻雀プロという仕事を知ったのも、くらたまさんの『だめんず・うぉ〜か〜』に登場する"ヨーコ会長"がキッカケでした」

---- ヨーコ会長こと渡辺洋香プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)は、2002年に初代女流最高位になったプロ雀士ですね。その影響で麻雀を始めたのですか?

「いいえ、高校時代はまわりに麻雀をやる人は誰もいなくて(苦笑)」

---- 今回、高宮選手の取材をするにあたって資料を調べたのですが、ネットには麻雀プロ以前の情報がほとんど出てこなくて。それが意外にも身近に高宮選手の同級生がいまして、聞いたところでは高校時代は生徒会の活動をされていたそうですね。

「高校1年の頃は生徒会の書記をしていました。高校3年の頃は文化祭の実行委員長をやっていましたね」