2022.01.13

北京五輪のメダル最有力候補。スノーボード・ハーフパイプの戸塚優斗は「普段どおりに臨めば金」

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

北京オリンピック2022特集

【近年の圧倒的な強さ】

「絶対に前回のオリンピックよりも、体も技術も成長できていると思っています。だから、北京五輪でいい結果を残すために、気持ちの部分を直前のシーズンで整えたいですね」

 2月4日から中国・北京で開幕する冬季五輪。大舞台が控えるなか、スノーボード・ハーフパイプの金メダル候補として注目を集める戸塚優斗は、今シーズンを前にそう意気込みを語っている。

スノーボード・ハーフパイプの戸塚優斗スノーボード・ハーフパイプの戸塚優斗 この記事に関連する写真を見る 「オリンピックは重圧がすごいですけど、それを変に意識せずに、いつもの大会のように競技に臨めたらと思っています。いつも大会の時にスタートを待つ間は、好きなアーティストのライブ映像を見たり、みんなとワイワイ楽しく喋ったりしていて、『あれ? 次、俺の番? じゃあ、行ってくるわっ』みたいな感じなんですよ。そういう普段に近い気持ちでオリンピックに臨めるように、直前シーズンで気持ちを整えたいなって思っています」

 昨シーズン圧倒的な強さを誇った戸塚。北京五輪で「どれだけ"普段どおり"に競技に臨めるか」と強調する理由は、彼の歩みを知れば納得できるはずだ。

 コロナ禍の2021年3月に行なわれた『FIS世界選手権ハーフパイプ』で優勝。この勝利によって2020年3月の『BURTON US OPEN』、2021年1月の『LAAX OPEN』と『X GAMES』と、スノーボード最高峰の4大大会を4連勝で制覇した。

 向かうところ敵なしの20歳。それゆえ北京五輪でメダルの色をわけるものは、ライバルの出来ではなく、戸塚が"普段どおり"のパフォーマンスを見せられるかどうかにあるというわけだ。

「一番の目標は自分がやりたい技すべてを決めきることです。自分の思い描くルーティーン(技の構成)をすべて決めて、その結果が金メダルにつながればいいですね。それで金メダルに届かなかったら仕方ないので」