2021.11.06

「まったく運動ができない」と語る竹﨑由佳アナ。かつて海外マラソンに挑戦も走る姿は見られたくなかった?!

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

テレビ東京・竹﨑由佳アナウンサー
インタビュー【後編】
前編はこちら
自身のスポーツ経験についても語ってくれた竹﨑由佳アナ。自身のスポーツ経験についても語ってくれた竹﨑由佳アナ。 この記事に関連する写真を見る 『追跡LIVE!SPORTSウォッチャー』『FOOT×BRAIN』『卓球ジャパン!』(BSテレ東)など、数々のテレビ東京のスポーツ番組を担当する竹﨑由佳アナウンサー。今年は東京五輪キャスターを務め、視聴者にさまざまな競技の情報・感動を届けてきた。インタビュー後編では、アナウンサーとしての彼女の仕事や、自身の競技経験、今後、スポーツシーンを世に届けていくうえでの想いなどを語ってもらった。

──前編では東京五輪についてのお話もありましたが、ご自身としては初となる五輪キャスターを務めた大会でもありました。実際に経験してみていかがでしたか?

 とてもすばらしい経験をさせてもらったと思っています。感謝の気持ちでいっぱいですね。改めて振り返っても、全日程を通して忙しさはありましたが、それもうれしい悲鳴と言いますか、体力的にも精神的にも、心地いい疲労感でした。頑張って働いている、というより「今私、貴重な経験しているな〜」という感じで。常に充実感にあふれていましたね。本当にありがたかったです。

──五輪に関われるというのは夢がありますよね。終始忙しかったと思いますが、どのようなスケジュールだったのでしょう?

 毎日めまぐるしかったです。朝6時半〜7時ぐらいにメダリストへのインタビューをして、それから国立競技場へ向かい、見られる試合があれば足を運んで、夕方からデイリーハイライトの放送。最後に夜の生中継もあるので、「何がいつだったっけ?」みたいな(笑)。記憶が飛び飛びになっていて。ずっと各競技の試合の結果や映像を確認するのに追われていました。

──ハードですね......。国立競技場を拠点に取材をしていたんですか?

 はい。新型コロナウイルスの影響で入場制限などもあり、あまり広範囲に動くことはできなかったので、ほとんど国立競技場のスタジオにいました。本当はいろんな場所に取材をして回りたかったので残念ですね。そのなかでも、国立競技場のすぐそばに卓球の競技会場である東京体育館があるので、あまり迷惑がかからない程度に、五輪関係者や報道陣が比較的少ないシングルスの初戦あたりは見ることができました。

 現地取材においては、選手と直接お話することはできないので、会場の雰囲気等を確かめていた感じですね。インタビュー自体は、選手にスタジオに来ていただいて大会中ほとんど担当できたので、たくさんのメダリストにお話を聞けたことは私の財産です。ただその分、「やったー金メダルだ!」と喜んだり、「負けて悔しい......」と落ち込んだりと、私自身ものすごく感情の揺れ幅があって。気持ちを安定させるのは大変でした。

──そういった数多くの競技を伝えるにあたって、現在も担当されている3つのスポーツ番組での経験は大きかったのではないですか?

 本当に大きかったです。3番組ジャンルが違いますし、専門性もあるので、いろんなスポーツの知識を深めることができました。『追跡LIVE!SPORTSウォッチャー』では、さまざまなスポーツの話題はもちろん、メインで取り上げている野球。『FOOT×BRAIN』ではサッカー、『卓球ジャパン!』では卓球と、幅広く携わらせてもらえたことが、五輪キャスターの仕事にすごく生きました。