2019.03.09

伝統の一戦で初の表彰台。
日本の「スノボガールズ」の未来は明るい

  • 徳原 海●文・写真 text&photo by Tokuhara Kai
  • BURTON●競技写真 riding photo by BURTON

 2月26日〜3月2日(現地時間)、アメリカ・コロラド州ベイルでスノーボード・バートンUSオープンが開催された。平野歩夢が同大会の男子ハーフパイプで初優勝を遂げてからちょうど1年。37回目を迎えた伝統の一戦で、早くも2022年の北京冬季五輪を視野に入れながら世界で奮闘する日本人スノーボーダーたちの現在地を探った。

スロープスタイルで3位入賞を果たした鬼塚雅 まずは女子について触れていきたい。スロープスタイルに五輪2連覇中のジェイミー・アンダーソン(アメリカ)、ハーフパイプには18歳の絶対女王クロエ・キム(アメリカ)と両種目に平昌五輪金メダリストが揃い踏み。その2人を筆頭に、ケガのためスロープスタイル出場を見送った平昌五輪・ビッグエア金のアンナ・ガッサー(オーストリア)以外は最上級カテゴリーの実力者が集結した。

 そんなハイレベルな戦いの中、日本人女子で最も輝きを放ったのはスロープスタイルに出場した鬼塚雅(星野リゾート)だ。今シーズンは世界選手権を除きW杯で軒並み好成績を残している彼女だが、昨シーズンはとにかく苦しんだ。

 メダルが期待された平昌五輪で思うような滑りができず、そのショックを引きずるかのように直後のUSオープンでも終始ナーバスな表情のまま大会を去った。