2019.02.20

中部電力をカーリング界の新女王に
押し上げた、偉大なる2人の先駆者

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

 北海道札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで開催された第36回 全農 日本カーリング選手権は、2月17日に決勝戦が行なわれ、中部電力が平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレを破って、2年ぶり6度目の戴冠を果たした。

日本選手権で6度目の優勝を飾った中部電力 ラウンドロビン(※総当たりの予選リーグ)では、初日にロコ・ソラーレとの対戦でエキストラエンド(※延長戦)までもつれる接戦を制すと、以降、富士急、北海道銀行フォルティウスらの強豪ライバルからも白星を重ねていった。

 その快進撃に「ラウンドロビンがピークになってしまうのでは?」と懸念する声も囁かれたが、無傷の8連勝で予選リーグ首位通過を決めた直後、中部電力のサード・松村千秋は「まだ上があると思っている」ときっぱり。そしてその言葉どおり、プレーオフ初戦のロコ・ソラーレ戦でも2度のビッグエンドを記録して、V候補を再び撃破した。

 さらにロコ・ソラーレと3度目の対決となった決勝戦でも、キーショットをしっかりと決め、中盤以降はゲームの主導権を握る。結局、11対3という大差をつけて全勝で優勝を飾った。

 周囲の不安をよそに、中部電力のパフォーマンスは落ちるどころか、プレーオフに入ってからギアを上げた印象すらある。

 そのショットの冴えに関しては、ロコ・ソラーレの藤澤五月が「(中部電力は)ドローショットが初日からずっと安定していた」と言えば、北海道銀行の吉村紗也香も「(中部電力は)石を残したい場所に、しっかりポイントで置けている」と語るなど、上位チームのスキップたちも舌を巻いた。