2019.01.23

高梨沙羅がタラタラ改善で表彰台ゲット。
暗中模索のなか蔵王で得た光

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Atsushi Tomura/Getty Images

「札幌の時とはスタートのやり方を変えて、それがこの蔵王の台には合っているかなと感じました。それまではゲートを離れてからゆっくりと自分のポジションを作ることを考えていましたが、それだとちょっと違うかなというのを札幌の大会で思ったので。

 蔵王のような助走路の傾斜が緩やかな台は苦手で、それなりの難しさのある中でゆっくり組み始めるとタラタラしてしまい、傾斜角度が変わるR(助走路の曲線部分)にうまく入っていけなくなってしまうと思ったので、ゲートから離れた時のリズムを大切にしていち早く自分のポジションに乗ることを意識するようにしました。

 上からの圧力を感じないとしっかり踏み切れないのですが、この蔵王はその圧力を感じにくい台なのでそれを意識しながらいろいろ試している中で、この組み方がいいのかなというのが見えてきました。陸上のシミュレーションでもいろいろ試してみて、短い練習期間の中で『こうしていこう』というのが見えたのはすごくいい収穫だったと思います」

 また、今季自己最高タイの2位になったことで、気持ちが少し楽になったという。

「やっぱり国内の大会では、ずっと応援してくれる人たちの前でいい結果を出したいという気持ちもあるので……。これまでいろいろ試している中でどうしても自分のいい兆しが見えなくて、うまくいかない状況が続いていました。だからこそ、こういういい結果は素直にうれしいし、次に挑戦するモチベーションというか、糧にもつながります。ここからいい波を持っていければと思います」