2018.05.21

カーリング銅メダルチームは
「貫禄」が違う。LS北見が富士急を一蹴

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

「今はともかく、長いシーズンが終わってホッとしています」

 北海道北見市のアドヴィックス常呂(ところ)カーリングホールで行なわれた『全農 2018パシフィック・アジア・カーリング選手権(PACC)日本代表決定戦』で、3連勝して代表の座を保持したロコ・ソラーレ北見(LS北見)のリード・吉田夕梨花は、率直な感想をそう口にした。彼女のこのコメントは、チーム全体の総意と言えるだろう。

富士急との日本代表決定戦を制したLS北見 ちょうど1年前の昨年5月、LS北見は例年よりも早くオフを切り上げて、今季に向けて始動。陸上トレーニングと氷上練習を並行して重ね、夏には道内で行なわれたカップ戦に続けて出場し、9月の平昌五輪トライアル(中部電力との代表決定戦)に備えた。

 トライアルを制すと、すぐにカナダへ飛んだ。11月のPACC(開催地:オーストラリア・エレナ)に向けて、ワールドツアーに参加しながらチーム力の底上げを図った。

 そして、PACCを準優勝で終えて、日本の世界選手権の出場枠獲得という最低限のタスクをこなすと、再びカナダに戻ってツアーに参戦。11月下旬にチーム史上最高の成績を引っ提げて帰国し、12月の軽井沢国際で優勝して2017年を締めくくった。

 年末年始に短いオフを過ごしたあとは、コンチネンタル杯(カナダ・ロンドン)に出場するなどして、平昌五輪に向けてシーズン3度目のピークを作った。その結果、銅メダルを獲得。日本カーリング界初の快挙を達成した。