2018.02.24

日本女子パシュート、「オランダ超人軍団」も
一蹴する世界最髙の滑り

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by JMPA

 2015年の世界距離別選手権で初優勝した時は、「五輪の翌年で、まだオランダも本気になっていないから」と、自分たちの力を信じきることができなかった。

 またW杯総合優勝をした昨シーズンも、世界距離別ではオランダに0秒65つけられての敗戦となった。

だが今季のW杯は、これまで3戦3勝で、すべて世界記録を塗り替える驚異的な成績。そんな勢いがある時に勝ちきれたことで大きな自信を手に入れた。

 スケート王国を自負するオランダにオリンピックの大舞台で勝利したことは、日本チームにとって、W杯で見せていた力が本物であることを証明できた、まさに価値ある勝利だった。

◆世界が驚くカーリング女子。チームを作った本橋麻里「8年前の想い」>>

◆渡部暁斗、つぶれる覚悟で「ドイツ軍団」に突っ込んだ戦いに悔いなし

◆小平奈緒、超人的な36秒台と「人徳」で金メダルよりもキラキラ輝く

関連記事