2018.01.24

馬場ふみか、今度は
シュートボクシングに挑戦。顔にパンチはやめて!

 text by Sportiva
山本雷太●撮影 photo by Yamamoto Raita
八戸亜希子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
衣装協力/ニューバランス

体と対話するエクササイズ(7)シュートボクシング編

 2016年から1年を通してランニングを練習し、昨年の1月にマウイ島でハーフマラソンを完走した馬場ふみかさんが、様々なスポーツや、エクササイズを体験していくシリーズ連載。前回までのじんわりと汗をかいてきたハワイアンヨガボルダリングとは違い、激しい動きで体を動かすシュートボクシングを習いにジムへ足を運んだ。格闘技に挑戦なんて、大丈夫なのか?

 シュートボクシングは、キックボクシングとは違い相手を投げたり、立った状態では首を絞めたり関節技を極めてもよい競技だが、今回、馬場ふみかさんが教えてもらうのは基本のパンチとキックだ。以前に一度、こうした格闘技を体験したことがあるというが、「今回は、どんな感じになるんでしょうね。今までよりハードそうなので気合いを入れていきます!」と意気込む。

 まずは、ケガをしないためにストレッチからスタート! 今回指導してくれるのは、シーザージム渋谷所属のシュートボクサーであり、トレーナーも務める大桑宏章さん。

「片手を上に突き上げ、同時にもう片方は肘を下へ下げながらグーッと伸びをするようにすると、肩甲骨が上下に動いて肩甲骨周りの筋肉がほぐれ動き出します。肩を回してみると動きやすくなっているのがわかると思います。朝やデスクで眠いときにこれをすると、体が一気に目覚めますよ」

 今回も午前中からの撮影だったが、「うんうん。確かにすっきりしたかも」と馬場さんも実感する。