2017.10.31

【月刊・白鵬】休場中に断食で10kg減。
4横綱そろう九州場所で復活へ

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

第75回:断食

秋場所(9月場所)を全休した横綱。
その間、負傷した足の治療とともに、断食を敢行。
体内もリフレッシュし、
万全の態勢で九州場所(11月場所)に臨む――。

 10月5日から始まった秋巡業は、千葉県、神奈川県、埼玉県など関東近郊で行なったあと、中部、北陸、関西、山陰、中国地方まで巡って、最後は10月29日の広島県福山市で終了。およそ1カ月間、22カ所を回る長丁場でした。

 足の負傷で秋場所(9月場所)を全休した私は、10月4日に両国国技館で行なわれた、2020年東京オリンピック・パラリンピックの機運高揚を目的とする『大相撲beyond 2020場所』に出席。稀勢の里とともに相撲の伝統文化である「三段構え」を披露しました。ただ、その後は再び休場して、負傷した足の治療に専念。10月14日の石川県金沢市での興行から秋巡業に合流しました。

 私が足の負傷に悩まされていたのは、8月の夏巡業の途中からでした。それでも、秋場所の出場には前向きで、場所が始まるギリギリまで調整を続けていたのですが、最終的には思うような回復には至らず、初日から休場という決断を下しました。応援していただいているファンの方々には、ご心配をおかけしました。この場を借りて、改めてお詫び申し上げます。

 さらに、その秋場所では私の他に稀勢の里と鶴竜も初日から欠場。3人の横綱が休場するという事態になってしまったことは、誠に申し訳なく思っています。また、好調が伝えられていた大関・高安が3日目から、大関・照ノ富士も6日目から休場。上位陣がことごとくいなくなってしまったのは、本当に残念でなりませんでした。