2017.07.26

「こんな接戦は初めて」と言いつつ、
ツール圧勝のフルームが強すぎ!

  • 山口和幸●取材・文 text by Yamaguchi Kazuyuki
  • photo by AFLO

 世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」は、チーム・スカイに所属するイギリスのクリストファー・フルームが3年連続4回目の総合優勝を達成して幕を下ろした。総合首位の選手が着用する黄色いリーダージャージー「マイヨ・ジョーヌ」を、フルームは21区間のうち15日にわたって着用。これは、2015年の16日間に次ぐ快記録だ。

レース後のフルームは息子を抱きかかえて最高の笑顔を見せた フルームのマイヨ・ジョーヌ着用日数は特筆もので、初優勝した2013年は14日、2016年も14日。いったん首位に立ったら、強力なチーム・スカイのアシスト陣に援護されて、パリまでその座を死守する。フルームの実力に加えて、チームメイトの献身的な働きによるところが好成績の理由で、自らの成績を犠牲にしてまでエースを総合優勝に導くアシスト陣のプロ魂は賞賛したい。もちろん、フルームのすばらしい人格があってこその、アシスト陣の心意気である。

 大会初日はアシスト選手のゲラント・トーマス(イギリス/チーム・スカイ)が個人タイムトライアルでトップタイムを叩き出した。フルーム自身は12秒遅れの区間6位だったが、降雨で路面や滑りやすく、総合優勝を狙う立場としては無理なコーナリングなどを回避した結果だ。それでも、総合優勝を争う他の有力選手からはリードを奪い、絶好のスタートとなった。