2014.01.29

【カーリング】ソチ五輪で躍進なるか。カーママが手にした「武器」

  • 竹田聡一郎●文 text&photo by Takeda Soichiro

 現地時間2月7日に開幕するソチ五輪(一部競技は2月6日からスタート)。女子カーリングは2月10日から始まり、まずは出場10カ国による総当りのリーグ戦が行なわれる。その後、上位4カ国が準決勝に駒を進め、メダルを争う。
カーリング女子代表メンバー。左から吉田知那美、苫米地美智子、船山弓枝、小笠原歩、小野寺佳歩。 その舞台に日本女子代表として挑むのは、熾烈な国内代表権争いを制して、12月の世界最終予選で五輪出場最後の切符を手にした北海道銀行。チームの中心となるのは、2002年ソルトレークシティ大会(8位)、2006年トリノ大会(7位)と、2度の五輪を経験しているスキップの小笠原歩(旧姓・小野寺)と、サードの船山弓枝(旧姓・林)のふたりだ。

 小笠原は「私たちは(世界最終予選で)10番目の枠に入ったわけですから、前評判では最下位という評価だと思います」と語るが、その分、余計なプレッシャーはない。挑戦者として全力でぶつかっていって、ひとつでも上を目指していくという。

 そのためにも、大切なのは初戦だ。日本は前回の2010年バンクーバー大会を除いて、その前の3大会はすべて黒星スタートでリズムに乗れなかった苦い経験を持つ。だからこそ、小笠原は「初戦がとても重要な試合」と強調する。