2012.02.27

【今日は何の日?】黒岩彰が世界スプリントで総合優勝

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by AFLO

黒岩彰のコーナリング技術は世界一と讃えられた【1983年2月27日】
「世界一を狙う」の言葉どおり、日本人初の快挙達成

 専修大学に進学した黒岩彰は、スピードスケート部監督との面談で、こう言い放った。

「スケートをやるなら、僕は世界一を狙います。でなければ、やる必要はないです」

 まだ全日本チャンピオンにもなっていない18歳の若者は、すでに世界の頂点を見つめていた。しかし、その言葉どおり、黒岩はメキメキと世界との距離を縮めていく。大学1年で全日本選手権を制し、初めて出場した世界スプリント選手権では6位。翌年はケガの影響で8位となるものの、世界を獲れる自信はさらに深まっていった。

 そしてスウェーデンのヘルシンキで開催された自身3度目の世界スプリント選手権。500メートルと1000メートルを2本ずつ滑り、合計タイムのポイントで総合順位を争う同大会で、黒岩は日本人初の総合優勝を飾り、世界一に輝いたのである。

 翌年のサラエボ五輪では、メダル候補と期待されながらも失速。しかし、4年後のカルガリー五輪では500メートルで銅メダルを獲得し、雪辱を果たした。現在は富士急行スケート部の監督として後進育成に励んでいる。

1

関連記事