2021.11.10

ショックだった鍵山優真を奮い立たせた父の言葉。イタリア杯でみごとな逆転優勝

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Getty Images

GPシリーズ・イタリア杯で優勝した鍵山優真GPシリーズ・イタリア杯で優勝した鍵山優真  最後のジャンプのトリプルアクセルをしっかり降りると、笑顔を見せた鍵山優真(オリエンタルバイオ/星槎)のフリー。最後の決めポーズでは静止できずにぐらついたが、そのまま納得の表情で拳を握りしめた。

 昨季はコロナ禍でお預けになった、海外でのグランプリ(GP)シリーズ。その初挑戦だった11月5〜7日のイタリア杯は、ショートプログラム(SP)7位からのみごとな逆転劇で勝利を収めた。

 8月の「げんさんサマーカップ」以来、関東選手権、アジアンオープントロフィーの3試合をこなしてきた鍵山。イタリア杯のSPは本人も驚く結果になった。スピードに乗った滑り出しだったが、最初の4回転サルコウは着氷を乱して大きな減点。次に予定していた4回転トーループ+3回転トーループは、軸がぶれた3回転の単発になってしまった。

「サルコウの失敗から頭がパンクしてしまって、どうしたらいいんだろうと思ってしまい、対処できなかった」

 次のキャメルスピンと終盤のステップはレベル3になり、トリプルアクセルは「練習でも外したことがなかったので、自信があった」としっかり決めたが、80.53点で7位発進。