2021.03.28

紀平梨花が世界選手権で反省。「体を夜型にしておくべきだった」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihiro

 演技直後は茫然自失。小さく首を左右に振って不甲斐ない出来に意気消沈していた。

 初出場の前回大会は4位と健闘してあと一歩でメダルに届かなかった。靴の心配がなかった今回は、本来の実力を発揮できていれば、メダルを手にできた可能性は高かっただけに、自ら招いた調整の失敗に反省しきりの様子だ。

「世界選手権という舞台でもっともっと活躍したかったですし、世界選手権に対して本当にもっと気合いを入れて臨んでいきたかったなと思いました。(応援してくれた方たちに)本当に申し訳ないなという思いです。

 来季は、今回のようなフリーを二度とせずに、試合本番のその時間、その瞬間に(調子を)合わせることがすごく大事だなと感じて学んだので、次からは二度とミスしないようにしたいです」

 勝負事があまり好きではないという。靴や氷(リンク)の状態に毎試合、かなりの神経を使い、肉体の調整にも敏感に対応する紀平を傍目から見ていて、もう少し余裕を持って気楽な感じで試合に臨んでもいいのではないかと感じることがあった。今回、紀平本人も気がついたことがあったようだ。

「6分間練習の調子でほぼ本番が決まるくらいの感じなので、試合のその時間帯、その瞬間にリンクと自分の感覚をマッチさせることが重要になってきます。だから、ぎりぎりのライン(状態)で練習して試合に出てしまうと、こういう(何も対応ができない)ことが起こってしまうので、今後は(本番で)もっと余裕のある構成というか、もっと難しい構成でしっかりと練習を積んで、本番で少し抑えるというか、どんな状況になっても対応できるくらいの完成形にしていきたいです。     

 4回転を2本入れるくらいの練習をしたり、毎日たくさん跳べるようにしたりして、体力強化もやって、ショートとフリーを何度も曲掛けできるようにしていきたいと思っていますし、何もかも追い込まないといけないな、と。一から本気でやり直したいですし、明日から気持ちを入れ替えてやるぞという感じです」