2021.03.28

坂本花織、厳しい評価に直面しもやもや。「ルッツを見直していきたい」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihiro

 坂本花織にとって2度目の出場となった今季の世界選手権だが、前回大会(総合5位)同様、不完全燃焼に終わった。2シーズン継続して代名詞のプログラムとなったフリー『マトリックス』で集大成の演技を見せ、初のメダル獲得を目指したが、合計207.80点の総合6位にとどまった。それでも日本勢トップの成績を残し、来年の北京冬季五輪の国・地域別の出場枠取りには貢献、日本は五輪出場枠で最大の3枠を確保することができた。

世界選手権でショートプログラム6位、フリー5位、総合6位となった坂本花織世界選手権でショートプログラム6位、フリー5位、総合6位となった坂本花織  24日のショートプログラム(SP)では『バッハ・ア・ラ・ジャズ』の曲に乗って、最初のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)をスピードに乗って鮮やかに決めると、今季からSPに組み込んだ3回転ルッツもしっかり跳んだ。後半の得点源となるフリップ+トーループの連続3回転ジャンプでは着氷で少し乱れたものの、いつもの坂本らしい演技だった。

 まずまずの演技内容だったが、70.38点と自己ベストに6.57点も及ばず、得点は伸び悩んだ。その原因は2つあった。

 ひとつは3回転ルッツでエッジエラー(不正確なエッジ)と判定され、基礎点が80パーセントの4.72点しかつかず、GOE(出来栄え点)で減点されたこと。そしてもうひとつは、坂本の武器であるフリップ+トーループの連続3回転ジャンプで期待したほどの点数を得られなかったことだ。自身最高難度のジャンプ構成を組み、連続ジャンプをプログラム後半に組み込む挑戦的な構成にしたものの、勝負のカギを握るGOEで思ったほどの加点をもらえなかった。

 6位となったSP後のインタビューで、坂本は世界のジャッジの厳しい評価をしっかりと受け止めた。

「フリップ+トーループ(の着氷)で耐えた部分はあったんですけど、自分なりに思い切ってはできたと思うので、緊張しながらでもここまでできたのはよかったです。でも、思っていた得点よりもだいぶ低かったので、これが現実だと受け止めて、フリーにつなげたいと思います」

 迎えたフリーで挽回を期したが、ここでも得点源の連続ジャンプでミスが出て、3回転ルッツにはSPと同じくエッジエラーがついた。上位争いに浮上するためには、プログラム前半のこの2つの重要なジャンプをしっかりと決めておくべきだった。フリーの演技直後、天を仰いで悔しそうな表情を見せた坂本はこう振り返った。