2021.03.23

坂本花織が世界選手権で表彰台を狙うための作戦とは?「勝算はある」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

3月24日にスウェーデン・ストックホルムで開幕するフィギュアスケートの世界選手権。昨季はコロナ禍で中止になり、2年ぶりの開催となる大舞台を前に、女子シングルに出場する坂本花織選手に胸の内を聞いた。

3月上旬、世界選手権の意気込みを語る坂本花織3月上旬、世界選手権の意気込みを語る坂本花織
 2020年12月の全日本選手権を目前に控え、坂本花織の話しぶりからは充実感が伝わってきた。

「全日本では(優勝した11月の)NHK杯以上に、ショートプログラム、フリーでパーフェクトな演技ができるように、と思っています。スピンでは取りこぼしがあったので、そこは大事に。グレアム(充子)コーチに毎日、スピンを厳しく見てもらって、回転数も数えるようにして。ステップも細かく区切って、ジャンプ以外、重点的に練習してきました」

 その宣言どおり、全日本のスピンはすべてレベル4だった。トータル222.17点を叩き出し、全体的にすばらしいスケーティングを見せた。トリプルアクセルだけでなく、4回転も成功した女王・紀平梨花に敗れ、18年以来の優勝は果たせなかったものの、拮抗した勝負の2位だった。19年、6位に低迷した雪辱を見事に果たしたのだ。

「(コロナ禍で)外出自粛の間、陸での練習も含めてトレーニングを頑張ってきた成果が出たのかなって思っています」