2020.12.28

自然体の宇野昌磨は羽生結弦との差を痛感して喜んだ「また頑張ろう」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

SP演技の宇野SP演技の宇野  だが、6歳下の鍵山優真に次ぐ順位にも動揺もなかった。

「鍵山君は単純に僕よりうまいと思うし、今回は挑戦される立場ではないと思って臨んだので。悔しいというより自分がミスをした結果だと、受け入れることができた」

 そう話すように、宇野は自然体だった。その姿勢はフリーでも変わらず、逆転しなければと気負うことなく過ごせたという。「気がついたら自分の出番になっていた」というフリーは、氷上で名前をコールされ「30秒でポーズを取らなければいけないのか。短いな」と思いながらスタート。「気が付いたら4回転フリップと4回転サルコウは跳び終わっていて、3本目のジャンプでパンクしていた」と苦笑する。

「(3本目のジャンプ以降)やっと、いろいろ考えるようになった。4回転トーループをパンクする試合はなかなかないけれど、あのコースのトーループは練習でも結構失敗していたので。3回転になった時に『この場所では跳べないんだな』と思い、もしやるんだったら3回転サルコウ+3回転トーループの場所は違うコースで入れようと思い、『それも縁だな』と思って挑戦しました」

 宇野が最後から2番目の、3回転サルコウ+3回転トーループを予定していたところで挑戦した4回転はミスとなったが、続くトリプルアクセルからの3連続ジャンプは最後の3回転フリップが4分の1回転足りないだけに抑えた。