2020.12.21

羽生結弦がタラソワ氏から贈られたプログラムで披露した成長

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

無料会員限定記事

『羽生結弦は未来を創る〜絶対王者との対話』 
第Ⅳ部 芸術性へのこだわり(5) 

数々の快挙を達成し、男子フィギュアスケートを牽引する羽生結弦。常に挑戦を続ける桁外れの精神力と自らの理想を果敢に追い求める情熱を持つアスリートの進化の歩みを振り返る。世界の好敵手との歴史に残る戦いや王者が切り拓いていく未来を、長年密着取材を続けるベテランジャーナリストが探っていく。

2016年スケートカナダで『ノッテ・ステラータ(ザ・スワン)』を演じる羽生結弦2016年スケートカナダで『ノッテ・ステラータ(ザ・スワン)』を演じる羽生結弦  
2016ー17シーズン、羽生結弦は新たなエキシビションプログラムを手にした。16年3月の世界選手権後、会場のあるアメリカ・ボストンで、フィギュアスケート界の重鎮タチアナ・タラソワ氏(ロシア)から「ぜひ滑ってほしい曲がある」と声を掛けられ、イタリア人歌手のイル・ヴォーロが歌う『ノッテ・ステラータ(ザ・スワン)』をプレゼントされたのだ。この曲は、サン・サーンスの『白鳥』に、イタリア語の歌詞がついたラブソングだ。羽生はこのプログラムについてこう話していた。

「それまでもチャイコフスキーの『白鳥の湖』をアレンジした『ホワイト・レジェンド』を演じていました。(「白鳥」でつながる)また違った印象の曲ですが、ある意味、共通のテーマがある。

 ホワイト・レジェンドは東日本大震災があった(11ー12)シーズンにやっていて、僕自身がスケートを続けるきっかけになった曲。それと同様のテーマのプログラムというのが非常に感慨深いというか、自分の胸の中から湧き上がってくるものがありました。

 今回振り付けをしてもらった時にこの曲を聞いて、イタリア語の歌詞のすごく雄大な歌の中にもしっとりとした『間』があって、すごくマッチして完成していると感じました。そこに自分は入っていけるかな、という気はちょっとしたけれど、震災後のシーズンから少しでも成長している姿を見せられるかな、と。あの時は黒紫の衣装の暗いイメージで、『飛び立つぞ!』というところまでを演じるプログラムだった。過去を拾い集めて、拾い集めてといったプログラムでしたが、今回は明るいイメージで全部を優しく包んで、しっかり前へ進んでいくようなイメージでやっています」