2020.10.06

三原舞依がいるべき場所に戻ってきた。「この瞬間を待っていた」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

 そしてフリースケーティングも、地力を見せつけている。冒頭、3回転ルッツ+2回転トーループ+2回転ループの連続技で、高得点を叩き出す。ダブルアクセルも成功し、3回転フリップは回転不足がとられたが、3回転サルコウ+2回転トーループは3回転サルコウ、3回転ループも着氷した。 

フリーを滑る三原フリーを滑る三原  113.69点で、3位。総合でも3位になって、表彰台に立った。演技後、悪戯が成功したような茶目っ気と安堵したような透き通った笑顔を見せ、一つの成功と言えるだろう。ターコイズを基調にしたドレスに花の模様が描かれ、ストーンがきらめく衣装も、「フェアリー・オブ・ザ・フォレスト&ギャラクシー」の曲に合い、彼女の独特の世界観となっていた。

 フリーが終わった後、リモートでインタビューに答えた三原は、もう一つの彼女らしさも見せた。

「フリーは最後まで滑り切ることができてホッとしています。楽しんで滑れてよかったなと」

 三原はそう語った一方、自身の演技に満足していなかった。

「ダメだった点もたくさんあって。まだ、ジャンプに集中している状態で、構成のところは(ステップなど)レベルを取り戻さないといけないと思っています。いいプログラムなので、もっといい演技ができるはずで。振付師のローリー・ニコルさんには、『森の妖精、ティンカーベルのようにキラキラして』と言われて。たくさんアドバイスももらっているので、(本来の滑りを)1日でも早く取り戻せるようにしたいです」