2020.06.29

宮原知子の「愛したプログラム」と来季。
練習再開後に「焦った」わけ

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • エンリコ/アフロスポーツ、能登直●写真 photo by AFLOSPORTS、Noto Sunao(a presto)

平昌五輪でのカロリーナ・コストナーの『牧神の午後への前奏曲』の演技 フィギュアスケートファンなら誰もがあるお気に入りのプログラム。ときにはそれが人生を変えることも――そんな素敵なプログラムを、「この人」が教えてくれた。

私が愛したプログラム(4)
宮原知子
『牧神の午後への前奏曲』カロリーナ・コストナー

 私の好きなプログラムは、カロリーナ・コストナー選手(イタリア)が2017-2018シーズンに滑ったフリー『牧神の午後への前奏曲』(振付/ローリー・ニコル)です(コストナーは2010-11シーズンにも使用している)。

 なぜお気に入りのプログラムになったのか、すごく明確な理由があるわけではなく、説明することも難しいのですが、曲と振り付けがすごく印象に残っていて、自分の心に留まったプログラムです。曲自体が難しいのに、見ていて飽きない滑りを見せてくれたのがすごいなと思いました。

 このプログラムを見ていると、楽器の細かい音色まで、すべてを表現していることが伝わってきました。ひとつひとつの音を丁寧に表現していることを大事にしているのかなと思いながら見ました。

 コストナー選手が曲に合わせて表現するところが大好きで、憧れでもあります。「私もこんな風に滑りたい」という、理想像のスケーターでもありますね。