2020.03.23

中野友加里が語る女子4回転時代の
技術。「次元が違うジャンプ」とは

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 中村博之●写真 photo by Nakamura Hiroyuki

 一方、紀平梨花選手は、教科書に載っているお手本のようなトリプルアクセルを跳びます。

 一番すばらしいのは軌道。トリプルアクセルを跳ぼうとすると、「回らなきゃ、回らなきゃ」と、中に入ろうとする意識が働くのですが、彼女は回り込まず、真正面を向いて、跳び上がってから回転しています。それほど高さのあるジャンプではありませんが、幅を使って、スピードを落とすことなく、リズミカルに跳び上がります。軌道が美しく、空中の姿勢もすばらしいです。

 紀平選手は4回転サルコウも正統的な跳び方をしています。きっと、成功すると見栄えのいいジャンプになります。もっと力がついてきたら、高さ、迫力も出てくるのではないかという気がします。


関連記事